亀頭が大きいとメリットが多い!亀頭をパンパンに大きくする3つの方法

「亀頭が細くてSEXの時すぐに抜けてしまう・・・。」

亀頭が細い方だと、このような経験をしたことがあるはずです。

亀頭が細いとデメリットしかありません。

本記事で確実にパンパンの亀頭を手に入れる3つの方法を紹介しているのでぜひ亀頭を大きくして、メリットを享受してください。

確実に亀頭を大きくする方法その①【ペニス増大手術】

「手っ取り早く亀頭を大きくしたい!」と言う方にはペニス増大手術をお勧めします。

ペニス増大手術のメリットは3つあります。

1.何歳からでも手術を受けられる

ペニス増大手術は成人している方であればどなたでも受けることが出来ます。

手術時間も注射器を亀頭に刺すだけなので5~10分程度で終わります。

2.日帰りで手術が完了する

手術前にどのような手術を受けるかのカウンセリングを受ける時間を含めてもその日のうちに帰宅することができます。

入院する必要が無いので予定も組みやすく周りに怪しまれることもありません。

3.その日のうちにパンパンの亀頭を手に入れることが出来る

亀頭にヒアルロン酸やフィラー剤(※)を注入するので亀頭の増大をその日のうちに感じること事ができます。
(※)女性が豊胸手術を受けるときに使用されるもので害はありません。

メスを使うほど大げさな手術ではなく、注射一本で済むのでとても手軽に受けることが出来ます。

いち早く亀頭を大きくしたいという方は、ペニス増大手術を受けることをお勧めします。

ただし、保険外であるため手術費用は10万円前後と比較的高額です。

また、注射だけとは言え、患部が壊死して使い物にならなくなる可能性もあります。

確実に亀頭を大きくする方法その②【ペニス増大サプリ】

手術は怖いけどペニスを大きくしたいという方はペニス増大サプリがおすすめです。

毎日飲むだけで確実に亀頭が大きくなります。

そもそもペニス増大サプリとは?

シトルリンとアルギニンと亜鉛を高配合してペニスへの血流を良くするサプリメントです。

亀頭の海綿体のほとんどが血管で構成されているため、亀頭へ送る血液量を増やせば増やすほど、亀頭が大きくなるという仕組みのものです。

水風船に水を入れ続けたら大きくなるように、亀頭も血液量を増やし続ければ大きくなるということです。

ペニス増大サプリの3つのメリット

1.副作用などの心配が無く非常に安全

ペニス増大サプリは健康食品、つまりサプリメントです。

スポーツ選手などが日常で摂取しているようなサプリメントの一種ですので、身体に異変を引き起こしたりするような害は全くありません。
(血流を良くする医薬品の場合だと、倦怠感、頭痛、吐き気などの副作用が伴う危険があります。)

ですので、安心して毎日飲むことが出来ます。

2.コスパが良く、リスクが全くない

ペニス増大サプリの相場は10,000円~15,000円ほどで、先ほどのペニス増大手術に比べると圧倒的にコスパが良いです。

また、ペニス増大手術に付きまとう「手術失敗」のリスクも全くありません。

安心して亀頭増大に取り組むことができます。

3.からだの調子も良くなる

ペニス増大サプリとは言え、からだに良い栄養素もふんだんに配合されています。

寝起きが良くなる、日中も活力的になるなど亀頭を大きくするという本来の目的以外にも効果を発揮してくれます。

 

手術に抵抗はあるが、自力で亀頭を大きくしたいという方には、ペニス増大サプリをおすすめします。

また、毎日決まった粒数を飲むだけというハードルの低さなので初めて亀頭を大きくする方にもオススメできます。

ただし、即効性は無いので「飲んで5日目で+3cmも大きくなった!」ということはあり得ません。

どのサプリメントにも共通して言えることですが、継続して初めて実感できるので3~6ヶ月の期間は見ておいた方がいいでしょう。

確実に亀頭を大きくする方法その③【チントレ】

手術とサプリメントに抵抗がある方にはチントレがおすすめです。

チントレとはペニスのトレーニングのことで、自分の手で亀頭に刺激を与えることで亀頭を大きくする方法です。

効果抜群のチントレ方法について

チントレには3種類のやり方があります。

それぞれの方法を一日に一回、三セットずつやることでパンパンの亀頭を手に入れることが出来ます。

1.ミルキング

牛の乳を搾る手の動きを取り入れてペニスの根元から亀頭に向かって血液を集める方法です。

やり方は「半勃起の状態でペニスの根本を親指と人差し指で輪っか状に握り、中指、薬指、小指の順で徐々に握りこむ」ことです。
(小指まで握りしめた状態で10秒キープ)

握りこむ順番を間違えるとしっかりと亀頭に血液が集まらないので注意が必要です。

2.ジェルキング

亀頭を大きくしつつペニス自体を長くする方法です。

やり方は「半勃起の状態のペニスの根本を親指と人差し指で輪っか状に握り、輪っかを亀頭に向けてスライドさせる」ことです。
(亀頭の根元まで輪っかを持ってきて10秒キープ)

ローションなどを使うと輪っかの移動がスムーズにいくのでおすすめです。

3.亀頭増大トレーニング

完全に勃起したペニスの根元を握り締めて亀頭に血液を集中させる方法です。

やり方は、「完全に勃起したペニスを握った状態で20秒キープする」ことです。

コツは卵を握るくらいの力で握り続けることです。
(強く握り続けると内出血する可能性があります。)

上記の順番通りに行えば、半勃起→勃起とスムーズに行うことができます。

また、入浴時に行うことで血液の流れの良さも相まって絶大な効果を発揮します。

亀頭が大きいとメリットが多い

パンパンの亀頭を手に入れるメリットを3つご紹介いたします。

①包茎が治り、自信が付く

亀頭が大きくなると、余分な皮が亀頭に引っかかるので包茎が治ります。

また、完全に亀頭が露出した立派なペニスを手にれることが出来ると、男性として、とても自信が深まります。

一般的に、日本人の多くの男性は仮性包茎と言われているので、ズルムケのペニスを持っていることで周りの男性から一目を置かれる存在になれます。

②女性が感じやすくなる

亀頭が大きいと膣を圧迫しならが奥までつけるので女性の感じ方が一段と変わります。

特に挿入時のペニスを抜く動作がGスポット付近を圧迫するので潮も吹きやすくなります。

SEXにおいて、亀頭の大きさは気持ちよさに比例すると言っても過言ではないでしょう。

③清潔感がある

亀頭が常に露出していて空気に触れる状況なので清潔感があります。

つまり、チンカスが溜まりにくいので必然的にニオイの原因を断ち切ることが出来ます。

包茎で臭うペニスだとSEXの機会損失が起きることもあるかもしれませんが亀頭が大きいペニスは清潔感があるのでその心配は必要ありません。

リスク覚悟の上で、最短で亀頭を大きくしたい方にはペニス増大手術をおすすめします。

時間はかかってもいいから安全に亀頭を大きくしたい方には毎日ペニス増大サプリを飲みながらチントレすると組み合わせがいいでしょう。

亀頭が大きいとメリットしかありませんので、ぜひ本記事を参考にパンパンの亀頭を手に入れてください。